メニュー

当院の特徴

ひらの整形外科クリニックでは、最新の医療機器(電子カルテシステム、骨密度測定装置や理学療法機器)フィルムを使わない コンピューターレントゲン撮影装置(デジタル)などを備え、より効果的な治療を心懸けています。

レントゲンの撮影やお薬の処方はもちろん、血液検査、尿検査等の一般検査も行っています。
また、骨粗鬆症の診断に必要な骨密度(骨塩定量)が簡単かつ正確に、すぐに測定ができます。[保険 適用可] さらに、必要に応じて精密検査として提携先のクリニックにてCTやMRI等の検査を行い、詳細な検討を加えることができます。

診療内容

整形外科とは、人が動くために必要な運動器、脊椎(せぼね)や四肢(骨・関節・筋肉・腱・靭帯・脊髄・末梢神経など)の 病気やケガの診断・治療を取り扱う科です。頭やお腹以外の、首から下すべての部位が対象となります。
また、運動器の障害だけではなく、痛みを主とする疾患の治療も行っています。

主な症状

肩こり・腰痛・変形性膝関節症・骨粗鬆症など日常的に起こる体の痛み・違和感を含め、下記のようなものがあります。

  • 外傷(骨折、脱臼、捻挫、打撲、筋や腱の断裂、切り傷、擦り傷)
  • 交通事故(仕事中のケガ(労災)・スポーツ外傷など)
  • 首・背中(痛み、こり)
  • 腰(痛み・しびれ・筋力低下)
  • 手足(痛み、しびれ、変形、腫瘍)
  • 関節(肩、肘、手首、手指、股、膝、足首、足指の痛み、腫れ、違和感)
  • スポーツ障害(腰痛、野球肘、野球肩)
  • 外反母趾、爪のくい込みによる炎症
  • ひざの痛み(オスグット病、ジャンパー膝)

対象疾患

外傷全般(骨折、脱臼、捻挫、打撲、切創(切り傷)、擦過傷(かすり傷)、突き指、筋や腱の断裂)
肩・肘・手指・股関節・膝・足などの関節の痛みや腫れ、膝関節靱帯・半月板損傷、変形性股関節症、靱帯損傷、頸椎捻挫(むち打ち)、寝違え、
腰痛、手足のしびれ、坐骨神経痛などの神経痛、頸椎や腰椎の椎間板ヘルニア、頚髄症、後縦靱帯骨化症、黄色靱帯骨化症、脊柱管狭窄症
側弯症、肩こり、肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)、変形性膝関節症に対するヒアルロン酸の関節注射、腱鞘炎、ばね指、手根管症候群
関節リウマチ、痛風、骨粗鬆症(骨密度の測定)、外反母趾、大腿骨頭壊死症、スポーツ外傷(テニス肘、ゴルフ肘など)
スポーツ障害(野球肘、野球肩、ジャンパー膝、オスグッド病)など

治療法

投薬、処置、リハビリテーション、装具・ギプス、手術、など

検査

血液・尿検査、レントゲン、MRI・CT(他院依頼)、骨密度測定

各種保険取扱いについて

各種保険、交通事故(自賠責)、労災に対応しています。

診療の流れ

1.受付

初診の方は問診表をお渡しいたしますので、ご相談内容をお書きください。

2.診察

問診内容に沿って症状によりレントゲン室にて看護師が先に詳細を伺い、必要があれば先にレントゲン等

検査を進めます。

3.検査

必要に応じてレントゲン、骨密度など検査を行います。

4.ご説明

検査結果につきまして電子カルテや模型を用いて説明させて頂きます。

5.治療

リハビリ室にて目的にあった器械を用いて療法をします。松葉杖をお貸しする方には使い方をご指導いたします。
また、処置室にて注射や薬の消毒、ギブス固定などを行います。必要な方には血液検査を行います。

6.ご紹介

精密検査や特殊な治療が必要な方は近隣の病院、または適切な専門の医療機関にご紹介いたします。

7.再来院

リハビリが継続が必要な方、検査結果が後日になる方は再来院して頂きます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME